生後6ヶ月の赤ちゃん|ママのための育児情報サイト

生後6ヶ月!咳をして吐く時の対処法は?

生後6ヶ月の赤ちゃんが、咳をして吐く場合は、どのような対処法が考えられるのでしょうか?

 

この時期の赤ちゃんであれば、母乳やミルクを一度に大量に飲んだ場合に、咳をして吐く場合が多くあります。

 

大量に飲んで咳をする場合の対処法

生後6ヶ月

 

生後6ヶ月の赤ちゃんが、大量にミルクなどを飲んで咳をする場合、ミルクなどを少量ずつ与えるようにしましょう。

 

また、咳が続く場合は無理に飲ませず、縦抱きにして背中をさすると良いです。

 

縦抱きにして背中をさすることで、気管が開くので、咳が楽になります。

 

生後6ヶ月の赤ちゃんが吐くのは、咳が原因になることが多いので、咳に対処することで吐くことを防げる場合が多くあります。

 

他の可能性についてはコチラの記事を参考に。

 

生後6ヶ月!咳をして吐くのは危険なの?

 

咳をして吐く場合、病気の可能性はあるの?

生後6ヶ月

 

赤ちゃんが咳をして吐く場合、腹圧により胃が圧迫されたことが原因であることが多いとされています。

 

ですから咳をして吐く場合は、それほど心配しなくても良い場合がほとんどです。

 

しかし咳の回数が多い、食欲が見られない、機嫌が悪い日が続く。このような場合は、病気であることも考えられます。

 

これらのことに赤ちゃんが当てはまったら、発熱や鼻水などの症状がないか確認した方が良いでしょう。

【スポンサーリンク】

関連ページ

生後6ヶ月!咳が続く理由は?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月!咳をして吐くのは危険なの?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月!咳が治らないのなら掃除をしよう
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月の咳!痰が原因なら風邪の合図かも?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月の咳!痰の出し方や取り方のコツは?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。