生後6ヶ月の赤ちゃん|ママのための育児情報サイト

生後6ヶ月!咳が続く理由は?

生後6ヶ月の赤ちゃんの咳が、長く続いている!

 

このような場合は、どのような原因が考えられるのでしょうか?

 

生後6ヶ月の赤ちゃんの咳の特徴

生後6ヶ月

そもそも咳というのは、人間の身体を守るための防御反応です。

 

口から肺までの、空気の通り道を気道と呼んでいます。この気道にウイルス、細菌、痰、ホコリ、ダニなどが付着すると、取り出そうとして咳が生じます。

 

大人であれば、数回の咳で問題なく異物が取り除かれます。

 

ですが生後6ヶ月程度の赤ちゃんだと、咳で異物を取り除くのが難しい現実があります。

 

生後6ヶ月の赤ちゃんは咳が長引きやすい

 

生後6ヶ月の赤ちゃんには、色々な咳が長引く理由が揃ってしまっています。

 

ここでは、その点についてまとめたました。

 

生後6ヶ月の赤ちゃんは気道が狭いから

生後6ヶ月

 

生後6ヶ月の赤ちゃんは、気道が大人よりも遥かに狭いです。

 

このため小さな異物であっても、咳だけでは取り除けません。このため異物が気道に残って、いつまでも咳をする羽目になってしまいます。

 

それに気道が狭いため、大人よりも小さな異物に反応しやすく、大人よりも敏感でもあります。

 

生後6ヶ月の赤ちゃんは気道の抵抗力が弱いから

 

赤ちゃんは、大人よりも気道の抵抗力が低いです。

 

このため炎症になりやすく、炎症になることでますます気道が敏感になります。

 

そうなれば当然、咳も長引くことになります。

 

生後6ヶ月の赤ちゃんは痰を出すのが苦手だから

 

生後6ヶ月の赤ちゃんは、痰を出すのが下手です。

 

このため痰がいつまでも気道に残り、気道を刺激し続けることになります。

 

赤ちゃんは気道が未発達です

 

赤ちゃんの気道は、上記のように未発達です。

 

ですから気道が敏感になっている時は、空気が乾燥していたり冷たかったりすることが原因で咳が出たりします。

 

さらに軽く動いただけでも、咳が出ることがあります。

 

このような理由があるため、生後6ヶ月の赤ちゃんは咳が続くことが多いのです。

【スポンサーリンク】

関連ページ

生後6ヶ月!咳をして吐くのは危険なの?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月!咳をして吐く時の対処法は?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月!咳が治らないのなら掃除をしよう
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月の咳!痰が原因なら風邪の合図かも?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月の咳!痰の出し方や取り方のコツは?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。