生後6ヶ月の赤ちゃん|ママのための育児情報サイト

生後6ヶ月の離乳食!メニューを考えるときの注意点はコレ

生後6ヶ月に入った赤ちゃんであれば、離乳食に馴染んでいる場合も多いでしょう。

離乳食

 

では、生後6ヶ月という時期であれば、どのような点に気をつけて離乳食を考える必要があるのでしょうか?

 

体調や便を確認しながら離乳食は進めましょう

 

離乳食前の赤ちゃんは、母乳やミルクといった液体を飲んでいました。

 

離乳食が開始されると、液体だった栄養補給が、突如として固形物に変わるわけです。

 

とうぜん、赤ちゃんの消化器官は驚いてしまいます。

 

ですから体調や便の様子を確認しながら、離乳食のメニューは少しずつ変化させていく必要があります。

 

離乳食の開始

生後6ヶ月

 

離乳食の開始時期は、10倍粥から開始!

 

最初は、赤ちゃん用スプーン1杯だけで十分です。

 

飲み込むことに慣れさせるのが目的なので、この時期には無理をさせて、たくさん食べさせないように注意しましょうね。

 

まだ生後6ヶ月の時期だと、消化器官が未熟なので体調を崩しかねません。

 

もちろん、食べ終わったら、ミルクを飲ませて栄養補給をしましょう。

 

離乳食開始から1ヶ月目

 

生後6ヶ月の場合、離乳食を開始して1ヶ月目に入ってい子もいるかもしれません。

 

離乳食を開始して1ヶ月が経ったら、白身魚やお豆腐などをメニューに加えましょう。

 

まだ固形食になれていないので、離乳食を開始して1ヶ月が経っても、十分に柔らかくして与えましょうね。

 

もちろん、離乳食の後にはミルクや母乳で栄養補給することもお忘れなく。

 

離乳食開始後1ヶ月目までは?

生後6ヶ月

 

離乳食の時間は、授乳やミルクのサイクルを維持したまま加えていきます。

 

その回数は、1日に1回から開始します。

 

離乳食は栄養を摂るためではなく、あくまで食事という行為に慣らすため。

 

だから栄養補給は、母乳やミルクで行うことになります。

 

新しい食材を離乳食に使う時の注意点

 

赤ちゃんの成長による、離乳食の変化は以下のようになります。

 

スプーン1杯から開始するので、じっくりと赤ちゃんに食事という行為に慣れさせていきましょう。

 

成長による離乳食の変化(離乳食1ヶ月目まで)
  • 最初は10倍の米粥
  • イモ類や野菜を加える

     茹でてペースト状にする

  • パンを加える

 

離乳食1ヶ月目に入ったら、タンパク質を加えていきます。

 

成長による離乳食の変化(離乳食1ヶ月目以降)
  • 豆腐

     そのままだと臓器への負担が大きい
      →1度茹でてペーストにして食べさせる

  • 白身魚など

     白身の少ないヒラメやカレイなど
     パサつくのでお湯を加えてペーストにする

 

離乳食の量について

 

離乳食の量は、赤ちゃんの離乳食への慣れに合わせて変化させていきます。

 

離乳食に慣れていないのであれば、十倍米粥をスプーン1杯だけ食べさせましょう。

 

そして離乳食開始から1ヶ月経ち、お豆腐などのタンパク質もOKと感じたのなら、以下のような量となります。

 

離乳食1ヶ月目の量
  • 十倍の米粥

     小さじ3杯ほど

  • ペーストにした野菜など

     小さじ3杯ほど

  • 茹でてペーストにした豆腐

     小さじ1杯ほど

  • 湯を混ぜたペースト状の白身魚

     小さじ1杯ほど

 

離乳食開始から1ヶ月目以降は、しばらく豆腐と白身魚が中心となります。

 

しっかりとペースト状にして、食べさせていきましょうね。

 

離乳食のメニューの味付けについて

 

生後6ヶ月目の赤ちゃんは、まだ消化器官や腎臓が未熟です。

 

このため塩分が多かったり、調味料を多く使ったりすると、臓器に負担がかかり体調を崩す可能性があります。

 

ですから薄い味を中心に、離乳食のメニューは考えましょう。

 

もし薄い味付けに赤ちゃんが飽きたようでしたら、野菜などのだし汁でスープを作るなどして、変化を与えましょう。

【スポンサーリンク】

関連ページ

生後6ヶ月の離乳食にバナナ?その理由は栄養が凄いから
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月の離乳食!バナナを冷凍で黒くしない方法は?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月で離乳食開始! ミルクの量は変わるの?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月!離乳食で下痢に?本当に下痢なのか、まず判断
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月の離乳食!進め方はどんな感じなの?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月!離乳食を食べない原因は?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月!離乳食を食べない時の対策は?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月で離乳食開始後ミルクを飲まない……どうする?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん。最近では、この時期から離乳食を始めるのが推奨されています。この離乳食ですが、赤ちゃんに食べさせたらミルクを飲まなくなって困っている。こんな話があります。さて、その原因は一体なんなのでしょうか?
生後6ヶ月の離乳食にバナナ……大丈夫?
生後6ヶ月といえば、離乳食を開始する時期ですよね。この離乳食として人気なのがバナナ。値段の安さと調理の簡単さが、人気の秘密だとされています。今回は、そんなバナナを離乳食にしても大丈夫なのかリサーチしてみました。
離乳食はいつから始める?赤ちゃんが見せる反応に注目!
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。