生後6ヶ月の赤ちゃん|ママのための育児情報サイト

生後6ヶ月の離乳食!進め方はどんな感じなの?

生後6ヶ月と言えば、離乳食の初期と呼べる時期ですよね。

生後6ヶ月

 

この時期の赤ちゃんに離乳食を与える場合、とにかく胃や腸といった消化器に負担をかけないことが重要です。

 

それと生後6ヶ月の食事ですが、離乳食+授乳(ミルク)という形で与えていきます。

 

離乳食事開始の目安

 

離乳食の開始は、赤ちゃんの反応が目安になります。

 

ママやパパの食事を、興味深そうに見ていたり、口をモグつかせていたり、よだれが垂れていたりと、食べたそうにしていたら離乳食開始の合図となります。

 

生後6ヶ月の時期の離乳食の注意点

 

離乳食を与える日は、赤ちゃんが病気でなく、機嫌が良い日に与えましょう。

 

与える時間は、一度決めた時間帯と同じ時間に与えるようにすることが大切ですよ。

 

生後6ヶ月の離乳食の回数

生後6ヶ月

 

生後6ヶ月の赤ちゃんに、離乳食を始めて与えるのなら、まずは1日に1回を目安に始めましょう。

 

この時期の赤ちゃんの授乳は、1日に5回程度ですよね。

 

ですから昼前後の授乳を、離乳食へと置き変えましょう。

 

そして離乳食を食べた後は、普通に授乳をしたりミルクを飲ませるようにします。

 

離乳食を与える量について

 

与える離乳食の量は、1日に1さじから始めます。

 

その後は、赤ちゃんの様子を見ながら増やしていくのですが、栄養の主体はミルクや母乳です。

 

ですから食事に慣らせることを最終的な目的だと考えて、ゆっくりとしたペースで離乳食に慣らしていきましょう。

 

生後6ヶ月の離乳食の固さについて

生後6ヶ月

 

生後6ヶ月の離乳食の固さは、ヨーグルト程度の固さです。

 

離乳食というと、少し難しく考えてしまうかもしれませんね。

 

ですがポタージュやヨーグルトを想像して頂ければ、固さはお分かり頂けると思います。

 

生後6ヶ月の赤ちゃんに食べさせる物は?

 

生後6ヶ月の赤ちゃんは、これまで母乳以外を飲んだことがありません。

 

そんな赤ちゃんがスムーズに食事できるのは、ヨーグルト程度の固さが限度です。

 

赤ちゃんの慣れに合わせて、以下のように離乳食を変化させていきましょう。

 

もちろん赤ちゃんの胃腸は未熟ですから、全て加熱をしましょうね

 

ちなみに離乳食の温度は、人肌くらいです。

 

生後6ヶ月の離乳食の変化
  1. 米がゆをすり潰した物
  2.  最初の5日日間程度

  3. すり潰してポタージュ状にした野菜
  4. つぶした豆腐
  5. つぶした白身魚

 

離乳食の味について

離乳食

 

生後6ヶ月の赤ちゃんであれば、味付けはものすごく薄くします。

 

大人が味を感じない程度の味付けにしましょう。

 

離乳食を食べた赤ちゃんの反応について

 

離乳食に慣れていない赤ちゃんは、上手に飲み込むことができません。

 

ですから離乳食開始時は、うまく飲み込めずママは心配になるかもしれませんね。

 

ですが唇を閉じる動作を繰り返すことにより、噛む力を発達させたり、食べる能力が少しずつ発達していきます。

 

じっくりと根気よく、赤ちゃんの食事に付き合ってあげましょうね。

 

離乳食中期について

 

離乳食を生後5ヶ月辺りから始めている場合、生後6ヶ月の後半ごろには、上手に飲み込めるようになります。

 

こうなると中期と呼べる時期です。

 

飲むのが上手になったら、1回目の離乳食と2回目の離乳食との間を、3〜4時間ほど開けて与えるようにしましょう。

 

もちろん赤ちゃんの個性もあるので、一概には言えないので、まだであっても安心して下さい。

【スポンサーリンク】

関連ページ

生後6ヶ月の離乳食にバナナ?その理由は栄養が凄いから
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月の離乳食!バナナを冷凍で黒くしない方法は?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月で離乳食開始! ミルクの量は変わるの?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月!離乳食で下痢に?本当に下痢なのか、まず判断
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月!離乳食を食べない原因は?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月!離乳食を食べない時の対策は?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月の離乳食!メニューを考えるときの注意点はコレ
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月で離乳食開始後ミルクを飲まない……どうする?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん。最近では、この時期から離乳食を始めるのが推奨されています。この離乳食ですが、赤ちゃんに食べさせたらミルクを飲まなくなって困っている。こんな話があります。さて、その原因は一体なんなのでしょうか?
生後6ヶ月の離乳食にバナナ……大丈夫?
生後6ヶ月といえば、離乳食を開始する時期ですよね。この離乳食として人気なのがバナナ。値段の安さと調理の簡単さが、人気の秘密だとされています。今回は、そんなバナナを離乳食にしても大丈夫なのかリサーチしてみました。
離乳食はいつから始める?赤ちゃんが見せる反応に注目!
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。