生後6ヶ月の赤ちゃん|ママのための育児情報サイト

生後6ヶ月の服装は?冬の寒さだけが注意点じゃない!

生後6ヶ月の赤ちゃんに着せる冬の服装は、どのような点に気をつけて選べば良いのでしょうか?

服装

 

寒さを防ぐというのは、とうぜん配慮する必要はありますよね。

 

ですが、生後6ヶ月の赤ちゃんは汗っかきである点にも気をつけないといけません。

 

生後6ヶ月目の赤ちゃんは汗っかきだから

 

生後6ヶ月の赤ちゃんは汗っかきですから、厚着をさせすぎると体温調整が難しくなり、ダウンしてしまいます。

 

例えば長袖の肌着の上に、暖かい冬もののベビー服を着せたとします。これだけでも服の種類によっては、体温調整が難しくなります。

 

ですから生後6ヶ月目の赤ちゃんに着せる服は、寒さ対策だけでなく体温調整の面も考えて、選んだ方がよいのです。

 

では、何枚服を着せれば良いのかというと、生後3ヶ月目以降は大人が着る服の1枚少な目が目安となりますよ。

 

生後6ヶ月目の赤ちゃんの具体的な服装

生後6ヶ月

 

生後6ヶ月目の赤ちゃんの服装。

 

とうぜん室内のときと外出のときとでは違ってきます。

 

生後6ヶ月の室内の服装は?

 

先に書いたように、生後6ヶ月の赤ちゃんは、大人よりも1枚少な目の服装が良いとされています。

 

特に室内であれば、暑くなりやすいから注意しましょう。

 

生後6ヶ月の室内の服装例
  • 肌着

     ロンバースかカバーオール

  • 靴下

     必要ない
      靴下を履かせると蒸れてしまうため

 

室内で冬物の暖かい服装をさせるのなら、肌着に工夫をしましょう。

 

冬の暖かい服装をすると、冬用の肌着だとかなり暑くなってしまいます。

 

ですから、一年中着用できる素材で作った半袖の肌着を着せましょう。

 

生後6ヶ月目の外出時の服装は?

 

生後6ヶ月目の赤ちゃんを連れて外出るのなら、とうぜん寒さ対策が大切になります。

 

ですが赤ちゃんは、体温が高いので厚着になり過ぎないように注意したいところ。

 

しかし、赤ちゃんは体が小さく体温の変化も大きいですから、外出時には薄い上着を数枚持っていくなどして、赤ちゃんの様子を見ながら服装を調整できるようにしましょう。

 

生後6ヶ月目の外出時の服装例
  • 肌着

     ロンバースかカバーオール
     肌着は室内用と同じ

  • 帽子
  • 上着

     赤ちゃん用の厚手の服装
     ジャンプスーツやツーウェイオールなど

  • 靴下

 

レッグフォーマーも、冬の服装として重宝しますよ。

 

生後6ヶ月目の赤ちゃんと短時間だけ外出するのなら?

 

生後6ヶ月目の赤ちゃんと、ほんの少しだけ外出するのなら、それほどの重装備にしなくても大丈夫です。

 

まず抱っこひもを使いましょう。

 

抱っこひもは、ママと体が接するため中々温かいです。

 

あとは靴下としてレッグヲーマーを履かせ、帽子をかぶせて寒さに備えましょう。

【スポンサーリンク】

関連ページ

生後6ヶ月の服装は?どういう点に気をつければいいの?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月の服装!春にはどんな服を着せればいいの?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月の服装!夏を快適に赤ちゃんが過ごせるのは?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月の服装は?秋は気温が変わりやすいから注意!
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月!服のサイズ選びに注意
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。