生後6ヶ月の赤ちゃん|ママのための育児情報サイト

生後6ヶ月の服

生後6ヶ月になると、赤ちゃんの成長スピードに慣れてくる頃です。

服

 

しかし、服を見て我が子の成長スピードの早さを、思い出す方も多いと思います。

 

日々成長する赤ちゃんの体に、これまで着ていた服のサイズでは小さくなって、我が子の成長をしみじみ思うこともあることでしょう。

 

ですが、同時に新しい服を用意しなければならないという現実も──。

 

さて、生後6ヶ月の赤ちゃんには、どのような服を用意すれば良いのでしょうか?

 

 

↓↓ 服に関する詳細記事一覧はこちら ↓↓

生後6ヶ月の服記事一覧

生後6ヶ月目というのは、腰が据わってきておすわりが出来るようになりますから、着せられる服のレパートリーが増えますよね。例えば、生後6ヶ月になっておすわりが出来るようになったのなら、頭から被せて着せるボディースーツ型の肌着などが着せられます。ですが他にも赤ちゃん用の服には、色々とありますよね。色々な赤ちゃん用の服赤ちゃん用の服には色々とありますが、ハイハイをするまでは、肌着やつなぎと呼ばれる服が中心...

生後6ヶ月の赤ちゃんは汗っかきですよね。赤ちゃんが汗っかきであるため、春頃の温かい時期だと着替えることが、どうしても多くなります。しかも、赤ちゃんの成長というのは目まぐるしく、来年の同じ時期にはサイズ的に同じ服を着るのは不可能。ですから、服を購入する時には一時期しか着ないことを前提に、割り切りましょう。赤ちゃんの成長と服赤ちゃんは、だいたい1歳半ぐらいまで、体が急激に成長します。ですから生後6ヶ月...

生後6ヶ月目になると、赤ちゃんは動く範囲が広くなって、目が離せなくなりますよね。ですから汗もたくさん出るのですが、夏であれば尚更のことです。このことを考えると、吸湿性の高い素材で作られた服を着せたいところです。吸湿性の高い素材とは?吸湿性の高い素材と言うのは、やはり綿でしょう。綿100%であれば、肌触りも優しく吸湿性なども高いのでオススメですよ。ついでに洗濯しても傷みにくいから、財布にも優しいです...

生後6ヶ月の赤ちゃんに着せる冬の服装は、どのような点に気をつけて選べば良いのでしょうか?寒さを防ぐというのは、とうぜん配慮する必要はありますよね。ですが、生後6ヶ月の赤ちゃんは汗っかきである点にも気をつけないといけません。生後6ヶ月目の赤ちゃんは汗っかきだから生後6ヶ月の赤ちゃんは汗っかきですから、厚着をさせすぎると体温調整が難しくなり、ダウンしてしまいます。例えば長袖の肌着の上に、暖かい冬ものの...

生後6ヶ月ごろの赤ちゃんの服装は、特に秋は注意が必要です。なぜなら秋は、気温の変化が大きいからです。このため夏は暑さ対策が中心でよく、冬は寒さ対策を中心になど、季節によって決めていた服装の注意点が、日によって大きく変わることになります。秋の気候について秋は、9月、10月、11月の3ヶ月ですよね。各月ごとに気温は、大きく変動します。さらに日や時間帯によっても、寒暖の差が大きくなります。秋は寒暖の差が...

生後6ヶ月の赤ちゃんは、服のサイズが平均だと70ぐらいだと言われています。ですから70cmを基本にして考えれば良いのですが、服のメーカーによってサイズに微妙な違いがありますよね。ですが、メーカによるサイズの微妙な違いについては、実際に着せるしかありません。とりあえず平均的な服のサイズをメーカーによるサイズの違い以外にも、生後6ヶ月の赤ちゃんの服装に関しては、考慮したい点があります。が、とりあえず平...