生後6ヶ月の赤ちゃん|ママのための育児情報サイト

生後6ヶ月!麦茶を飲まないのは、飲ませ方に問題が?

生後6ヶ月の赤ちゃんが、麦茶を飲まない!

 

このような場合でも、心配はいりません。

 

麦茶を飲まなくても、病気になることはありませんから。

 

それでも、麦茶を飲まないと心配になってしまいますよね。

 

生後6ヶ月の赤ちゃんへの麦茶の飲ませ方

生後6ヶ月

 

生後6ヶ月の赤ちゃんが麦茶を飲まないのは、喉が渇いていないからかもしれません。

 

このような時に麦茶を無理矢理飲ませるのは、体調を崩す原因になるので避けた方がよいでしょう。

 

ですが、麦茶の飲ませ方に問題がある場合もあります。

 

赤ちゃんが麦茶を飲まないとき、以下のような方法で飲ませてみましょう。

 

生後6ヶ月の麦茶の飲ませ方
  • 哺乳瓶で飲ませる
  • 哺乳瓶を嫌がるのならスプーンで飲ませる

     スプーンですくうように少しずつ飲ませる
     凄いスピードで飲むようになったらストローに移行する

  • スプーンに慣れたらストローで飲ませる

     1:ストローを咥えさせる
     2:次にストローの横をツーっと押して麦茶を上に上げる
     3:やがて自分で吸うようになる

 

最初は、哺乳瓶で飲むか試しましょう。

 

もし哺乳瓶で飲むのを嫌がったら、スプーンを使って飲ませます。

 

やがてスプーンが追いつかないほど早く飲むようになりますから、その段階になったらストローを使います。

 

このように段階を踏んで麦茶を飲ませると、飲んでくれることが多いですよ。

 

生後6ヶ月の赤ちゃんに与える麦茶の量

麦茶

 

生後6ヶ月の赤ちゃんに麦茶を与える場合、体重に合わせて与えることになります。

 

10kgになっていない赤ちゃんの例でいえば、体重1kgにつき1日で100mlの水分が必要となります。

 

ですから食べ物やミルクの水分量では上記の量に足りない場合、麦茶などで補う形になります。

 

ちなみに暑い日などは、発汗で失った水分をプラスすることになりますよ。

 

生後6ヶ月の水分と便

 

水分不足になると便秘になりますし、麦茶などを飲ませすぎると下痢になります。

 

このような便の異常というのは、よくあることです。

 

便に異常が出たら、水分の与えすぎや逆に水分を与える量が不足しているかの、どちらかである場合も多くあります。

 

異常が便に出た場合は、赤ちゃんに与える水分量を少しずつ調整していきましょうね。

【スポンサーリンク】

関連ページ

生後6ヶ月の赤ちゃんに麦茶を!なぜ麦茶がオススメなの?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月の麦茶!量と温度に注意しましょう
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。