生後6ヶ月の赤ちゃん|ママのための育児情報サイト

生後6ヶ月の麦茶!量と温度に注意しましょう

生後6ヶ月目の赤ちゃんに、水分補給のために麦茶を飲ませることがあります。

 

このとき、麦茶の量や温度はどのような点に、気を付ければ良いのでしょうか?

 

生後6ヶ月目の赤ちゃんが飲む麦茶の濃度さ

麦茶

 

生後6ヶ月目の赤ちゃんに麦茶を与えるとき、どの程度の濃さに調整すれば良いのでしょうか?

 

麦茶の濃さについては、市販のベビー用麦茶の濃さを、参考にされると良いでしょう。

 

市販のベビー用麦茶と、通常の麦茶との違いは濃さだけです。

 

ベビー用麦茶は、普通の麦茶を2〜3倍に薄めた濃さがほとんどです。

 

ですから、生後6ヶ月目の赤ちゃんに与える麦茶は、通常の3倍の薄さにすれば良いでしょう。

 

生後6ヶ月目の麦茶の温度は?

 

生後6ヶ月目の赤ちゃんに与える麦茶の温度は、どの程度に調整すると良いのでしょうか?

 

その答えは、母乳やミルクにあります。

 

母乳やミルクと同様に、生温い程度の温度に麦茶はしましょう。

生後6ヶ月

 

大人にも当てはまるのですが、内臓を冷やすのは病気のもとです。

 

内臓を冷やすと消化機能が悪くなりますし、血液の流れも悪くなります。

 

それに内臓を温めるために体が反応して、体力を消耗します。

 

これが夏の場合だと、夏バテの原因になったりしますので注意しましょう。

 

生後6ヶ月の赤ちゃんに与える麦茶の量は?

 

生後6ヶ月の赤ちゃんに、麦茶を与える場合は母乳やミルクを飲まなくなるような量は、与えないようにしましょう。

 

麦茶の飲ませる量について、具体的な数字を示すと、以下のようになりますよ。

 

生後6ヶ月目の赤ちゃんが飲む麦茶の量
  • 1度に飲ませる麦茶の量

     10ml〜30mlです。

  • 1日の理想的な水分摂取量

     体重1kgにつき1日に100mlほど
     この量に発汗した水分量をプラスする感じ
     ※赤ちゃんの体重10kgまでの場合の目安

 

生後6ヶ月の赤ちゃんが麦茶飲まない場合どうする?

 

生後6〜8ヶ月の赤ちゃんは、麦茶を飲まない事の方が多いですよ。

 

そのような場合は、生後4ヶ月を過ぎているのなら様子を見ながら慣らしていくことが大切になります。

 

生後6カ月位であれば、麦茶を飲まないのは当たり前だと考えて、口にならせる程度に考えておきましょう。

 

飲んで欲しいのならタイミングに注意

 

夏、お風呂上がりなど、水分が不足するタイミングで麦茶を用意すると、赤ちゃんが飲んでくれることがあります。

 

また麦茶を水で2倍程度に薄めることでも、赤ちゃんが飲んでくれる可能性が高まります。

 

生後6ヶ月目の麦茶について

 

麦茶は、カフェインが含まれていなかったり、ミネラルが豊富なので健康に良いとされています。

 

とうぜん、生後6ヶ月目の赤ちゃんの健康にも、良いわけなのです。

 

しかし飲み過ぎれば体調を崩しますから、適度な量のみを飲ませるようにしましょう。

【スポンサーリンク】

関連ページ

生後6ヶ月の赤ちゃんに麦茶を!なぜ麦茶がオススメなの?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月!麦茶を飲まないのは、飲ませ方に問題が?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。