生後6ヶ月の赤ちゃん|ママのための育児情報サイト

生後6ヶ月の夜泣き!原因は赤ちゃんの成長にあり

生後6ヶ月になると、夜泣きを始める赤ちゃんも多いですよね。

夜泣き

 

この夜泣きなのですが、根本的な原因は解明されていません。

 

ですが、夜泣きのキッカケとなる物は、いくつか知られています。

 

生後6ヶ月の夜泣きについて

 

赤ちゃんは泣くのが仕事と言われるように、よく泣きます。

 

これは、赤ちゃんが言葉を離せないために、自分の要求を泣くという行為で表していると言われていますよね。

 

ですから普通に泣いているのであれば、要求を満たしてあげれば泣きやみます。

 

夜泣きで厄介なのは、赤ちゃんが満たして欲しいと思っている要求がないことです。

 

生後6ヶ月の夜泣きの原因について

生後6ヶ月

 

生後6ヶ月の夜泣きには、赤ちゃんが満たして欲しいという要求はありません。

 

なぜなら、夜泣きのキッカケはストレスが原因であることが多いからです。

 

生後6ヶ月という時期の赤ちゃんには、肉体的にも精神的にも色々な変化が起こりますよね。

 

それらの変化によるストレスがキッカケとなり、夜泣きをしている場合があります。

 

生後6ヶ月の夜泣きのキッカケ
  • 歯が生え始めている
     ○下の前歯が2本生え始める時期
       →歯が痛かったり、痒かったりしてストレスがたまる
  • 生活リズムが整ってくる
     ○生活リズムが崩れたというストレスが原因ということも
     ○生活リズムの崩れの例
       お昼寝の時間がいつもと違う
       朝起きるのが遅かったり速かったりした
      入浴時間が違う
      食事の時間が違う
  • 環境による影響
     ○環境によるストレス例
       台風が来ていた
       天気が悪かった
       暑い場所にずっといた
       寒い場所によってずっといた
  • 人見知りが始まる頃
     ○人見知りが原因のストレス例
       昼間に来た知らない人に会ったストレスなど
       長時間外に出て人混みの中にいた

 

生後6ヶ月の夜泣きのスタイル

 

夜泣きと一言でいっても、赤ちゃんの個性が現れます。

 

ある子供は静かに泣くけど、別の子供は手足をばたつかせて泣く。

 

また泣く時間が長かったり短かったり、一晩に何回も泣いたり同じ時間に1度だけ泣いたり──本当に個性豊かに夜泣きをします。

 

ですから夜泣きの仕方が、他の赤ちゃんと違っても不安にならないようにしましょうね。

【スポンサーリンク】

関連ページ

生後6ヶ月の夜泣きには、どのように対策をすれば良いのでしょうか?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。