生後6ヶ月|睡眠時間が短い?それは成長の証です

生後6ヶ月|睡眠時間が短い?それは成長の証です

生後6ヶ月の赤ちゃんは、睡眠のリズムなどが大きく変わってくるので戸惑うママも多いのではと思います。

 

赤ちゃんの睡眠時間が短くなって心配──ということもありますが、

 

生後6ヶ月

 

生後6カ月の赤ちゃんの睡眠時間って?

 

生後6ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間が短い! と感じるのは、睡眠時間がそれまでの年齢と比べて減っているのが大きな原因です。

 

それまでの年齢の睡眠時間を見ると──。

 

赤ちゃんの睡眠時間(1日当たり)
  • 新生児

     ○16時間〜18時間
     ○個人差が特に大きな時期
       →12時間や20時間の子もいる

  • 生後1ヶ月〜3ヶ月

     ○14時間〜15時間

  • 生後3ヶ月〜6ヶ月

     ○13時間〜14時間

  • 生後6ヶ月〜12ヶ月

     ○11時間〜13時間

 

このような感じで、少しずつ赤ちゃんの睡眠時間は減っていきます。

 

生後6カ月目以降の睡眠時間について

 

生後6カ月目に入ると、赤ちゃんの成長スピードが緩やかになります。

 

このため、多くの睡眠時間を必要としません。

 

具体的には、生後6影う目というとハイハイやつかまり立ちができるなど、運動能力が向上してくる時期です。

 

よって睡眠の質が高くなるので、それまでのように睡眠の量で補う必要が亡くなるのです。

 

昼寝時間も減ってくる

 

生後6ヶ月になると睡眠の質が高まることにより、睡眠の量が減る傾向にあります。

 

それだけでなく、昼寝の時間も徐々に減っていきます。

 

昼寝の時間が減るのは、主に赤ちゃんの生活リズムに昼夜の区別が徐々に強く出始めるためです。

 

ですから、昼寝が短くなっても慌てる必要がある場合は、ほとんどありませんよ。

【スポンサーリンク】

関連ページ

生後6ヶ月の寝る時間!○○時からって遅い?早い?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月で寝返りをしない!でも心配はいらない4つの理由
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月のうつ伏せは寝る姿勢が危険だからダメ
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。