生後6ヶ月で寝返りをしない!心配する前に知っておきたい!

生後6ヶ月で寝返りしない!心配n前に知っておきたい!

生後6ヶ月で寝返りしないなど、少し心配になりますよね。

 

寝返りが出来るようになる時期というのは、平均はあるのですが個人差が物凄く大きいとされています。

 

また、寝返り事態は赤ちゃんの発達の目安には全くなりません。ですから、寝返りが出来ていない=赤ちゃんの発達が心配という考えは間違いと言えます。

 

生後6ヶ月

 

赤ちゃんが寝返りを打つようになる時期は?

 

赤ちゃんの寝返りですが、生後5ヶ月〜生後6ヶ月が平均だとされています。ですが個人差が大きかったり、寝返りを打つのが嫌いな場合もあるので、この平均はあてには出来ません。

 

また、寝返りなどは急にできるようになる事も多くあります。ですから、今の段階で寝返りが出来なくても明日には出来ている可能性も十分にあるという事です。

 

生後6ヶ月の赤ちゃんが寝返りをしない理由

 

生後6ヶ月の赤ちゃんが寝返りしない!

 

このような場合は、赤ちゃんが寝返りを嫌っている場合もあります。また、他にも以下のような理由がある場合もありますよ。

 

赤ちゃんが寝返りをしない理由例
  • 体重が重い
  • うつ伏せが嫌い

 

体重が重い

 

生後6ヶ月の赤ちゃんにとって寝返りというのは、とても大変な運動です。

 

寝返りというのは、下半身をねじる→腰から上半身を回転させる→うつ伏せになる。このような運動です。

 

体重が重いと、体を動かすのに体力が余計に必要となりますよね。

 

スキンシップを取りながら、赤ちゃんに動きたいという欲求を感じさせましょう。運動不足というわけではないので、欲求さえ得られれば、寝返りに挑戦するようになる場合があります。

 

うつ伏せが嫌い

 

生後6ヶ月の赤ちゃんにも好みがあります。そんな好みの1つに、寝返りが嫌いという物があります。うつ伏せの状態が落ち着かないんですよね。

 

これは好みの問題なので、先程の体重の場合と同じように動きたいという欲求に火を付けるしかありません。

 

終わりに

 

生後6ヶ月の赤ちゃんは、活発に動くようになります。

 

ですが、寝返りその物は発達の状況とは、全く関係ないとされています。ですから寝返りが出来るかどうかは、過度に心配するような事ではないと考えられます。

 

もちろん、医師に相談するというのはアリです。

 

素人目には分からないことも多いですからね。赤ちゃんに異常を感じた場合は、医師に相談した方が良いのは確かですよ。

【スポンサーリンク】

関連ページ

生後6ヶ月|寝返りをしない?おすわりが出来ない?心配ありません!!
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。