生後6ヶ月 遊び方にコンナ工夫をしましょう

生後6ヶ月 遊び方にコンな工夫をしましょう

生後6ヶ月の赤ちゃんは、2時間くらい寝て→起きて→また寝るという生活習慣ですよね。

 

この時期は、どのようなことをして遊んであげればいいのでしょうか?1時間も遊んでいるとネタ切れになるので、遊びのネタは多めにストックしておきましょう。

 

遊び方

 

生後6ヶ月の赤ちゃんとの遊び方

 

生後6ヶ月目のの赤ちゃんは、周囲の人間を観察しています。ですからママは、声をかけたりするだけでも反応してくれますよね。

 

このことを考えると、遊んでいる最中に声を掛けるのは、赤ちゃんの情緒教育上よいと言えますから積極的に声をかけましょう。

 

また、反応するということは脳を使っているということでもあります。日中に積極的に声をかけることで、夜は脳を使った影響で疲れて眠りやすくなるでしょうから、睡眠リズムを作るのにも役に立つはずです。

 

具体的な遊び方

 

生後6ヶ月であれば、五感をフル活用することで脳の活性化を促せます。また、この時期というのは色々な名前もドンドン覚えていく時期ですから、色々な物を指さしながら名前を教えてあげましょう。

 

また、生後6カ月の赤ちゃんに向けて考案されたおもちゃは、おもちゃは色々とあります。

 

五感を刺激する意味でも、大きめのボタンを押すと色々な音が鳴るおもちゃなどは、頭の活性化という意味でも良いのでは?

 

おもちゃだけでなく、絵本を読み聞かせている最中に、登場する物を指さしながら名前を覚えさせるのも、赤ちゃんの脳のは断つには有効だとされています。

【スポンサーリンク】

関連ページ

生後6ヶ月のおもちゃ!消毒方法と気を付ける点は?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月!おもちゃで遊ばない
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月の遊び!おもちゃの中でも特に夢中になるのは?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。