生後6ヶ月の赤ちゃん|ママのための育児情報サイト

生後6ヶ月の保育園!服装で気を付ける点は?

生後6ヶ月になると、保育園に預けられる赤ちゃんも多いですよね。

 

もし、保育園に生後6ヶ月の赤ちゃんを預けるのなら、どのようなう服装が良いのでしょうか?

 

保育園の服装選びの前に

生後6ヶ月

 

保育園にもよりますが、1歳以上は上下別の服にしましょうとか、服装のルールが決まっている場合も多くあります。

 

ですから、事前に確認した方が良いでしょう。

 

もし服装が決められているのなら、どんな服装にすれば良いのか迷わずに済みます。ですが問題となるのは、むしろ保育園に預ける時の服装が決まっていない時ですよね。

 

生後6ヶ月の保育園での服装は?

 

保育士の立場からすれば、上下別の服の方が着せやすいのは確かです。

 

ですが、おすわりが出来るようになってからでないと、上下別の服を着せるのは難しいですよね。

生後6ヶ月

 

ですから、段々おすわりが出来るようになる子が増える、生後6ヶ月という時期の服装であれば、お座りが出来るかどうかが服装選びのポイントになります。

 

行わない一番の理由は、手法が全く違うからですね。勉強をし直したり、今行っている作業に使っている時間を減らすわけにはいきませんから。

 

生後6ヶ月の服装例
  • バーオールでも上下別でもどちらでもよい
     ○カバーオールなら、被せて股だけボタンの物を選ぶ
  • 肌着なしのTシャツ+短くないズボン
     ○袖なしのシャツは汗を吸わないから避ける
     ○膝が出るズボンはハイハイで足を擦るので避ける
  • 新たに買うのなら
     ○7ヶ月目と8ヶ月目を考えて買う
     ○上下分かれている物を買う
     ○多くの赤ちゃんがお座りができるようになるから
  • 下着は夏でも用意することが多い
     ○保育園の指示しだいでは着せない
     ○着せるのなら速乾性の高いメッシュなどを用意する
     ○生後6ヶ月であればロンパースでも良い
     ○抱っこするのでお腹を出させないため

 

上記の点に気を付けて、保育園での服装を考えてみましょうね。

【スポンサーリンク】

関連ページ

生後6ヶ月!保育園でミルクを飲まない時の対処法は?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。