生後6ヶ月の昼寝|寝かしつけの簡単な方法3つ!

生後6ヶ月の昼寝|寝かしつけの簡単な方法3つ!

生後6ヶ月の赤ちゃんが昼寝をしてくれない!

 

こんな時に役立つ、寝かしつけのアイデアを今回は○点お伝えします。

 

生後6ヶ月

 

生後6ヶ月の寝かしつけ方法1:ボディタッチで昼寝

 

ボディタッチは、親子の重要なコミュニケーションだというのは有名な話ですよね。

 

赤ちゃんがボディタッチをすることで安心するので、昼寝をしてくれない時に役立ってくれますよ。

 

また、ボディタッチの方法としてマッサージもあるので、そちらを使えば更に効果的です。

 

昼寝の時にマッサージしたい部分
  • 眉毛や眉間のマッサージ
  • 手の平や足の裏のマッサージ

 

この辺りなら、かなり簡単に行えます。

 

マッサージ以外にも、赤ちゃんの背中を軽くとんとん叩くという方法もあります。

 

ゆっくりとしたリズムで叩くと、赤ちゃんがリラックスしてくれますよ。

 

生後6ヶ月の寝かしつけ方法2:音楽をかけて昼寝

 

赤ちゃんに子守唄を歌ってあげるというのは、昔からある方法ですよね。

 

最近はCDでも子守唄がありますが、生後6ヶ月の赤ちゃんであればやっぱりお母さんの声の方が落ち着きます。

 

ですから、なるべくご自分で歌ってあげましょう。

 

オルゴールの曲を流すのも手

 

オルゴールの音を決まった時間に流すと、赤ちゃんがお昼寝のタイミングを覚えてくれます。

 

大人でもリラックスできるとされているオルゴール。

 

赤ちゃんにも効果絶大です。

 

生後6ヶ月の寝かしつけ方法3:添い寝で昼寝

 

赤ちゃんを抱いて眠らせるという方法もあります。

 

ですが抱いたままだと、体がキツイですよね。

 

ですから添い寝で眠らせるというのが良いでしょう。

 

この添い寝ですが、効果を高めるいくつかのポイントがあります。

 

添い寝の効果を上げるポイント
  • 心音を聞かせる
  • 呼吸を赤ちゃんと合わせる
  • 部屋を暗くする

 

上記の3点を心がけるといいですよ。

 

昼寝してくれないのなら開き直れ!

 

色々と試したけど、赤ちゃんが昼寝してくれない──。

 

このような時には、諦めましょう。

 

赤ちゃんには赤ちゃんの都合がありますから、大人の都合通りに動いてくれないこともあります。

 

どうしようもない事に心を煩わせるよりも、ストレスを抱えないように開き直ることも大切ですよ。

【スポンサーリンク】

関連ページ

生後6ヶ月!お昼寝は何時間が良いの?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月のお昼寝!抱っこを卒業させるには?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月の昼寝が短い!そんな時にはこの対策を
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月の昼寝。長い時間眠っても問題ないの?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月の昼寝は何時間?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月!お昼寝の回数が何回なら健康なの?
生後6ヶ月を迎えた赤ちゃん!成長が嬉しい反面、頭を悩ませることも増えます。夜泣きや便秘、あと服のサイズがドンドン変わったりもします。当サイトでは生後6ヶ月の赤ちゃんに関する情報を専門に取り扱っております。赤ちゃんの悩み解決にお役立て下さい。
生後6ヶ月の生活リズムはココに注意!
生後6ヶ月の時期というのは、離乳食が始まり赤ちゃんの置かれた環境が大きく変わる時期です。この時期というのは、夜泣きが始まる時期でもあります。この夜泣きですが、生活リズムを整える事で防げたり和らげたりすることができます。ですから生活リズムを整えることはとても大切なのです。